かまど作り

日本の伝統かまど
近代かされた家電に比べると、とっても面倒です。
使い勝手、衛星管理、ランニングコスト・・・。
だけど、それでも欲しくなる魅力があります。
日本人の心。本当に美味しいお米、炊きませんか?

かまどとは

昔は、直火に鍋などを加熱していたが、熱が逃げるため、効率よく調理できるよう土、石、セメントで作られるかまどが作られました。かまどは簡単な材料で作ることができ、耐久性も長く、長い間、調理設備として広く普及しました。
しかし、ガスコンロのような簡便な調理用の炉が出始めると、かまどは次第に姿を消していった。現在の日本では、ほとんど利用されなくなっており、あったとしても、埃がかぶったままになっていることがほとんどです。

実際に、使用方法や、管理、ランニングコストなど優劣をつければ負けています。しかし、「かまどのごはんが食べたい」という思いが日本人にあるのではないでしょうか?

わたしたちはかまどにこだわり、かまどで炊いた本当に美味しいお米を食べていただきたいのです。

かまど実例一覧はこちら

お知らせ